社会福祉法人 至誠学舎立川 認定子ども園 代々木至誠こども園

至誠学舎100年の歴史

1912年 明治45年 稲永久一郎が東京神田岩本町において、当時恵まれなかった2人の少年を引き取り薫育。私的な少年保護事業を始める。
至誠学舎初代理事長
稲永久一郎
第二代理事長
稲永ヨシ
1925年 大正14年
至誠学舎の中庭で
稲永久一郎と少年たち
少年法の制定により少年保護団体の認可を受ける。団体名を「至誠学舎」と命名
1940年 昭和15年 東京立川市錦町6丁目に「至誠学舎立川支舎」を設置
1942年 昭和17年 財団法人「至誠学舎」の設立認可を受ける。
1945年 昭和20年 戦災により池袋本舎焼失。立川支舎を本舎として事業を継続。
1948年 昭和23年 少年法の改正により、30余年にわたる少年保護事業を終了する。
1949年 昭和24年
昭和24年開設 至誠保育園
保谷町に「柳橋保育園」、立川市に「至誠保育園」を開設し、社会福祉事業として再開する。
1951年 昭和26年 立川市に養老施設「至誠老人ホーム」を開設し、高齢者福祉事業開始。
立川市に児童養護施設「至誠学園」を開設し、少年保護事業を継承する。
1952年 昭和27年 社会福祉事業法の制定に伴い財団法人を社会福祉法人に組織変更する。
1998年 平成10年 法人を「至誠学舎東京」と「至誠学舎立川」に二分割する。
2012年 平成24年 創設100周年。創設者稲永久一郎翁の「誠の心」は、今日もなお終始一貫して法人の基本理念として、脈々と引き継がれている。

Copyright © 2013-2017 YOYOGI SHISEI KODOMO-EN all rights reserved.