社会福祉法人 至誠学舎立川 認定子ども園 代々木至誠こども園

3つの生活グループ

当園では、モンテッソーリ教育の考え方に基き、発達の要求に従った生活グループを編成していきます。それぞれのお部屋は、そこで暮らすお子さまが生き生きと自主性に満ちた生活が送れるように発達にあった環境になるよう努めています。

< 乳 児 > < 幼 児 >
ニド
(生後8週~1歳半位)

※二足歩行が完成するまでの環境
I C
(1歳半位~3歳位)

※手を十分に使える環境で身辺自立にむかう環境
プライマリー
(3歳位~就学前まで)

※知的好奇心に十分に応えられる環境

ニド 6か月~1歳半位

ニド ニドというのは、イタリア語で「巣」という意味であり、親鳥の羽の下、十分な養護的援助を必要とする大切な時期です。 ひとりひとりの生活リズムを大切にし、「私は受け入れられている、安心していられる」という心の安定を持てるよう関わり、食事、睡眠、遊びの場を用意し、離乳、歩行が完成するまでの時期を過ごします。

インファントコミュニティ(I.C) 1歳半~3歳位

インファントコミュニティ 歩行が完成し、自由に動き回れるようになった1歳半から3歳くらいまでのお子様のグループです。
手を使って自由に探求し、言語発達も目覚ましくなります。模倣活動も盛んになり「自分でやりたい」と言う自己主張も出てきます。排泄・着脱などの基本的な身辺自立につなげていきます。自分でできたことで、自分自身に自信が持てるようになります。

プライマリー 3歳位~就学まで

プライマリー 幼児になると、知的欲求が著しく発達し、高度な統合的な運動もできるようになってきます。言語発達はますます進み、異年齢の子ども同士の交流も重要になってきます。それらの欲求に応えられるよう、モンテッソーリ教育の環境を充実させ、様々な体験を通して積極的・自発的・意欲的な生き生きとしたお子さまの姿を目指します。子ども同士の学び合いの場を大切にしながら、思いやりの心、リーダーシップの心を育み、社会性・協調性の芽生えを学童期につなげていきます。

Copyright © 2013-2018 YOYOGI SHISEI KODOMO-EN all rights reserved.